採血は看護師の基本だからたくさん練習しましょう。

病院に検査で行くと、必ずというほど採血をされます。
採血が苦手な人はたくさんいると思いますが、採血をする看護師によってその痛みや怖さも随分と違うということをご存知でしょうか。
採血が終わった後でしびれたような痛みを感じることがあります。針痛と呼ばれているものです。
これはかなりの時間取れなくて、その日一日悩まされることになります。
ですが上手な看護師にかかると、針を刺す時の痛みもなく、また終わった後の針痛もなくて随分楽でした。
以降は上手な看護師さんの所に並ぶようにしていたのですが、最近は番号制になってしまい、どの看護師に当たるのかは運任せになってしまいました。
自分は血管も見えやすく、採血がしやすい方だと思うのですが、中には血管が隠れていて探し出すのが難しい患者がいます。
慣れた看護師は指先の感覚で血管を見つけ出し、すんなりと針を刺すことが出来るのですが、苦手な看護師の場合、
一度針を刺してから中で血管を探すために針をグリグリと動かす場合があります。
これは患者にはとても痛くて、ほとんどの場合、もう一度最初からやり直しになるのですからたまったものではありません。
看護師によっては採血や注射が苦手な人も多いようですが、これは練習しかないそうです。
たくさん経験して感覚を覚えていくしかないそうです。そして、ベテランだから上手いということも新人だから下手ということもないそうです。
むしろベテランが度々失敗する患者に、新人が1回で成功したという話も良く聞きますので相性も関係しているのかもしれません。
患者に負担がかからないように、自分では難しいと判断した時は他の人に変わって貰うことも必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です